世界の離婚率が面白い

MENU

世界の離婚率


日本の離婚の増加が懸念されていますが、世界の離婚事情はどのようなものなのでしょうか。
日本の離婚率は人口1,000人に対して約2%となっていますが、アメリカ・ロシアの二大超大国が約4.5%ですので、まだまだ先進国の中では低い方となっています。女性の社会進出や、個人主義の浸透を考慮しても、まだまだロシア・アメリカには及ばないようです。

ヨーロッパではドイツ・フランスなどが日本とほぼ同じくらいの離婚率となっています。
意外にも離婚率が高いのがイギリスで、約3%となっておりEUの中でも高い数字となりました。
イギリスでは女性の社会進出が特に進んでおり、自立した女性の増加から離婚に至ってしまうケースが多いようです。

さらに意外なのはイタリアで、なんと離婚率は0.7%と、EU諸国の中でもダントツで低い数字となっています。イタリアといったら「チャラ男」が多いイメージですが、意外にも結婚に対しては真摯なようです。また、イタリアにはカトリックが多いため、離婚に対し世間の目が厳しい事も理由のひとつとして考えられます。

アジアで離婚率が急上昇しているのが、日本と最も近い国、韓国です。
韓国の過去10年間での離婚総数は何と約4倍にまで増加しており、現在世界で3番目に離婚率が高い国となっています。
さらに、インドでも過去10年で約2倍に増えており、アジア全体で離婚は増加傾向にあるようです。