夫婦で話がまとまらない場合は離婚調停を行うことになります

MENU

離婚調停について

 

夫婦で話し合いをし、離婚についての話し合いがまとまった場合は、協議離婚をしますが、片方が離婚に応じない、お互いに離婚には同意しているが、離婚の条件についての折り合いがつけられないというような場合には、家庭裁判所に申し立てをし、離婚調停をすることになります。

 

家庭裁判所に離婚調停の申し立てをし、離婚調停をするということは必ずしも離婚することを前提としたものではありません

 

  • 夫婦の関係を修復し、離婚を回避する話し合いになる場合もありますしどうしても離婚の応じない相手に、離婚に向けての話し合いをする場合もああります。
  • 夫婦ともに、離婚の決意が固い場合には、離婚の条件について話し合いが行われます。

 

離婚調停では、夫婦がお互いに顔を合わせることはなく、順番に、それぞれが家事裁判官と調停委員に離婚についての事情を話すようになっています。

 

家庭内暴力などがあり、すでに別居しており、相手に住所や連絡先を知られたくない場合には、あらかじめその旨を伝えておくと、調停委員や家事裁判官が家庭裁判所への行き帰りなどにも顔を合わせることの無いよう、相手に住所を知られることが無いように配慮してくれます。

 

そして、離婚調停での話し合いでも、解決しなかった場合には、裁判をし、裁判所の審判を仰ぐことになります。

 

協議離婚に向けての話し合いがうまくいかず、離婚調停をするべきか、何とか2人だけで解決するべきか、迷っている場合は、家庭裁判所に申し立てをする前に、無料で家庭裁判所の家事相談室でアドバイスを受けることができます

 

家事相談室で相談できることは離婚調停を申し立てる為の書類の作成方法や、手続きの方法など、事務的な内容に限られるので、離婚の条件など、離婚の内容に踏み込んだ事柄については相談できませんが、具体的に必要な事柄を確認することができます。

 

最寄りの家庭裁判所に出向くと、ほとんどの家庭裁判所では、予約しなくても相談をすることができます。

 

⇒弁護士に頼んだ場合の弁護士にかかる費用はこちら