離婚と経済状況

MENU

冷静に経済的な状況を考えてみた


これは女性に多い理由かと思います。
『もうこれ以上この人と一緒にいたくない!!』
『こんな人と夫婦であり続けるなんて考えられない!!』
と思っても、一度よーく頭を冷やして考えてみてください。

例えば離婚の原因が性格の不一致や生活態度のずれなどにあるとします。
しかし、相手がきちんと生活費を収めてくれる人だった場合、離婚後のあなたの経済状況と、このまま我慢して生活を続ける状況を天秤にかけてみましょう。
慰謝料や養育費などは、所詮想定していたよりも低くなるのがお決まりです。
専業主婦やパートをしている方で離婚された場合、ほとんどの方が経済的に苦労している現実があります。
毎月十分なお金をもらえる>我慢した生活だとしたら、まだ離婚を考え直す機会があるでしょう。
「主婦」という職業に就職したと思って、いけ好かない旦那のお守りをしてあげましょう。
愛情がないように聞こえますが、長年連れ添ったものにできる「情」も大切な感情のひとつです。
「好き」という気持ちがなくなった=愛情がなくなったにはならないはずです。

もしこれを天秤にかけたとしても、どうしても我慢ならないといった場合は、早急に離婚話を進める必要があります。自身のメンタルを守ることもとても大切なことです。

もう何があっても相手を愛せないのであれば、二人の未来は「離婚」となります。