離婚後の子供との面会についての話し合いについて

MENU

子供との面会

 

親権を持たない親にも、子供にも、どちらにも、お互いが面会する権利があります。

 

けれども、親権を持たない親と面会することが、子供にとって良くない影響を与えると判断された場合、面会を制限する、又は拒否することができます。

 

子供と面会することを拒否できる条件は、

  • 子供が面会を拒んでいる
  • 子供とともにすでに再婚し子供は新しい親になついており、幸せな生活を送っている
  • 子供に暴力をふるったり、連れ去ったりする恐れがある
  • 離婚の際に取り決めた養育費の支払いなどのルールを守っていない
  • 社会的に不適格者である

というように、親と面会することで、子供に危険が及んだり、子供の精神に負担をかけるような状況が想定される場合です。

 

従って、離婚後の面会について、詳しい取り決めをしておくことが大切なのです。

 

具体的には、どの程度の頻度で面会し、どの程度の時間、どの程度の期間、面会した親と過ごすのか、面会する場所や、日時はどのように取り決めるのか、面会の場所までの送り迎えはどのようにするのかというような事柄を、詳しく決めます。

 

そして、日常生活においても、電話、手紙、メールにやり取りや、贈り物、学校の行事や習い事の発表会などへの参加といったことについての取決めも必要です。

 

面会の条件や、日常生活での付き合い方は、夫婦で話し合って決めますが、相手の主張を認められないなどの理由で、解決できない場合には、面会交渉の調停を申し立てます。

 

また、離婚の際に、決めたことでも、子供が年齢とともに、精神的に成長し、離婚した親に対しての考えが変わっていった時には、子供の意思を尊重して、新たな取り決めをすることが必要です。

 

離婚後の面会交渉で、最も大事なのは、親の気持ちではなく、子供の幸せに繋げることができる面会になるかどうかということです。
子供の気持ちをよく理解し、お互いの立場を思いやって、面会交渉を進めましょう。