協議離婚前に取り決めておくべき幾つかの重要ポイントを紹介します。

MENU

離婚の種類~協議離婚~

協議離婚の概要と特徴について

 

最近は若年層だけでなく熟年層にも離婚の波が押し寄せてきていますが、一度は愛した相手と争う事なく離婚したいのであれば「協議離婚」がオススメです。
協議離婚とは夫婦が二人で話し合いを行って離婚の合意に至る事を指しますが、日本ではおよそ9割の人がこの協議離婚によって離婚しているため、日本国内でもっともポピュラーな離婚方法と言えます。

 

協議離婚は裁判で争う事なく合意に達する為、基本的には裁判所の関与は皆無と言えます。
協議離婚は「夫婦が離婚の条件について同意していること」が成立の条件なので、夫婦がお互いに同意して離婚届にサインして最寄の役所に提出すれば離婚が成立します。

 

離婚届には夫婦がそれぞれの署名押印を行い、さらに証人を2名ほど選出して署名押印をして貰う必要があります。

 

離婚届に署名押印してもらう証人については成人であれば特に資格制限もなく、誰に依頼してもOKです。

 

ただし、協議離婚は非常にシンプルな離婚であるが故に「財産分与」や「子供の養育費」に関する事項を十分に取り決めないまま離婚が成立してしまう場合も多く、後々のトラブルに発展するケースも散見されます。
そのため、協議離婚を進める場合は必ず「第三者」を立ててしっかりと離婚条件について話し合うことが大切です。

 

 

協議離婚の前に取り決めておくべき事項

 

協議離婚を進める際には後々のトラブルを招かない為にも離婚条件についてしっかりと話し合い、取り決めておく事が大切です。
協議離婚前に取り決めておくべき事項としてはまず第一に「財産分与」に関する事柄が挙げられます。

 

財産分与とは婚姻期間中に夫婦で協力して築き上げた財産を離婚時に清算する事を指します。
この財産分与については「婚姻期間中に夫婦で協力して築いた財産」という点が重要であり、基本的には「婚姻前に得た財産については離婚時の財産分与の対象外」となります。

 

また、子供が居る場合は「親権」や「養育費」、「面会交流権」についてもしっかりと話し合い、夫婦間でトラブルにならないように合意を取り付けておく必要があります。