子供がいる場合は養育費についても考えなければなりません。

MENU

離婚を決意したらやっておくべき事

 

現在、日本国内では離婚率の上昇が社会問題として取り上げられる事が多くなってきていますが、夫婦と言っても所詮は他人同士なので価値観の相違や意見の食い違いによって「離婚」という決断を下す人が多いのも仕方の無い事だと言えます。

 

もし夫婦生活の継続が難しいと感じて離婚を決意した場合はまず第一に「離婚後の生活」をどうするのかについて具体的に考える必要があります。

 

特に女性の場合は男性に比べると社会的な立場がまだまだ弱い為、自力で生活費を捻出する為の仕事があるかどうかや住む場所が確保できるかどうかを真剣に考えておく事が大切です。

 

また、未成年の子供が居る場合は親権を確保した後の「生活設計の見通し」をしっかり立てておかなければ生活苦に陥る恐れがあります。

 

また、男性の場合も未成年の子供が居る場合は離婚後の養育費について考えておく必要がありますし、もし親権の確保を目指す場合は父子家庭に対する福祉や公的支援についてしっかりとチェックしておく必要があります。

 

 

離婚を円滑に進める為の準備

夫婦間にどうしても修復できない亀裂が出来てしまった場合、多くの人は離婚という選択をします。
離婚を円滑に進める為には相応の準備が必要ですが、まず第一に考えるべきは「金銭的な問題」についてです。

 

連れ添った夫婦が離婚する場合、婚姻期間中に夫婦で協力して築き上げた財産については離婚時に「清算」する必要があります。
これを「財産分与」と呼びますが、夫婦共有の財産は法律に基づいて公平に分与されることになります。

 

また、どちらかの不貞行為が原因で離婚する場合は精神的苦痛を与えられた配偶者側から不貞行為を行った「有責配偶者」に慰謝料を請求する事が出来ます。
ただし、不貞行為の証拠をしっかりと確保しておかなければ慰謝料を請求できない場合も考えられるので注意が必要です。

 

また、離婚をする際に未成年の子供が居る場合は「親権」をどちらが確保するのかについてしっかりと話し合いを行い、さらに「養育費」や「面会」に関する事項もきちんと協議しておく事でスムーズに離婚を進めることが出来ます。