離婚調停の申し立て方法や調停までの流れについて分かり易く紹介します。

MENU

離婚の種類 ~調停離婚~

調停離婚の概要について

 

日本では夫婦の話し合いで合意に至る協議離婚が全体の9割を占めていますが、中には話し合いが不調に終わり「調停離婚」へと移行するケースも少なからず存在しています。
夫婦の話し合いで条件などの折り合いが付かなかった場合は、夫婦のどちらかが管轄の家庭裁判所に「離婚調停の申立」を行う事になります。

 

離婚のような家庭の問題を解決する場合、いきなり訴訟をする事は出来ないので必ず訴訟の前に離婚調停の申立を行う必要があります。
家庭裁判所と聞くと何となく大げさな場所というイメージを抱いてしまいますが、実際には「家事相談室」と呼ばれる部屋で相談員が申し立てに使用する書類の書き方などを分かり易く説明してくれたり、離婚条件の妥協点に関するアドバイスを行ってくれるので安心して調停離婚に臨む事が出来ます。

 

ちなみにこの家事相談は基本的に無料となっているので、経済的な不安を抱えている人でも安心して利用することが出来ます。

 

 

調停の申し立て方法と内容

 

夫婦間の合意に達する事が出来なかった場合は協議離婚は不成立となり、次に「調停離婚」へと移行する事になります。
調停離婚を行う場合は家庭裁判所に対して「夫婦関係調停申立書」を提出する必要があります。
この夫婦関係調停申立書は家庭裁判所の窓口に無料で置いてあるのでいつでも好きな時に貰う事が出来ます。

 

申立書に申立人の名前と相手方の住所、本籍地を記載して各所の記入欄を埋めたら印紙代と切手代を支払い、戸籍謄本と住民票を添えて提出します。
調停の申し立てが受理されたら家庭裁判所からおよそ一ヶ月程度で第一回目の呼び出し状が届く事になります。

 

第一回目の調停で呼び出しを受けた相手方が理由もなく出頭しなければ過料などの制裁が課されます。
それでもさらに相手方が出頭を拒んだ場合、離婚調停は不成立となって離婚裁判へと移行する事になります。